WGETでプロキシを使う

この記事は約2分で読めます。

WGETでダウンロードするときに、いつもとネット構成が違う頃でやったのでプロキシサーバーを噛まさないとできなかったのでメモ

WGETというプログラムはLinuxでは定番ですが、Windows版もあります。

Windowsでwgetする色々な方法 - Qiita
windowsでwgetみたいな事をしたいと思ったときどんな方法があるか調べてみた。 ※ https(自己証明書/IPアドレス)でもエラーとならずにダウンロードする方法についても。 (安全とわかっているサイトに対して) ## ツール...
Windows版 wgetをインストールしよう: アシマネくんのほんわか日記
Windows版のwgetがありましたので、さっそく、インストールしてみました。 (インストーラーがある訳ではありません。。。) まず、ここにアクセスします。BinariesのZipとDependenciesのZipをダウンロードします。 ダウンロードしたwget-1.11.4-1-bin.zipとwget-1....

ここで紹介されているうちのWget for Windowsを使用している

ですが、デフォルトではプロキシサーバーを経由してくれないので、アクセスができませんでした。(そのようなネット構成だった)


Wgetを使う

(wget for Windowsです)

Wget for Windows からBinariesとDependenciesをDLします。(ほかはいらない)

zipファイルを解凍して、wget-x.x.x-x-depフォルダ→binフォルダ内にある.dllファイルをコピーしてwget-x.x.x-x-binフォルダ→binフォルダ内に貼り付け

ちょうど同じ階層に来るようにします。

wget-x.x.x-x-bin
|-bin
|  |-wget.exe
|  |-libeay32.dll
|  |-libiconv2.dll
|  |-libintl3.dll
|  |-libssl32.dll
|
|-contrib
|-etc
|-man
|manifest
|-share

あとはwget.exeのあるフォルダでShiftを押しながら右クリックすると出てくる「ここでコマンウィンドウをここで開く」なりで動かします


プロキシを経由する

wget-x.x.x-x-binフォルダ→etcフォルダにあるwgetrcファイルをテキストエディタで開きます(多分メモ帳はやめた方がいい)

http,https,ftpなどプロキシを指定できるので

http_proxy = http://192.168.1.1:8080/
https_proxy = http://192.168.1.1:8080/
ftp_proxy = http://192.168.1.1:8080/

そして最後に

use_proxy = on

と書くことで、必ずプロキシを使うようになります。

wgetでもプロキシが使えるとは思ってなかったですが–helpオプションの結果に出てこなかったので少し焦りましたw

 

コメント