複数のサーバーをZabbixで管理する

サーバー
この記事は約5分で読めます。

複数のVPSを持ち、様々なサービスを動かしてきましたが、そろそろ頭の中だけの管理では限界

Zabbixで死活管理をしてみました

Zabbixをインストール

環境はConoHaで Ubuntu 18.04を採用(ConoHaのテンプレートにあったけどUbuntuに統一のため手動インストールします)

ほとんど公式ドキュメント通りに進めていきます

2 Debian/Ubuntu/Raspbian [Zabbix Documentation 4.2]
ダウンロード
Ubuntu 18.04 LTS : Zabbix 4.0 : インストール : Server World

apt update apt upgrade -y wget https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_4.0-2+bionic_all.deb dpkg -i zabbix-release_4.0-2+bionic_all.deb apt update apt install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php zabbix-agent

MariaDBの設定を変更します

mysql_secure_installation

Zabbix用DBを作成します(MariaDBのコンソール)


create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin; grant all privileges on zabbix.* to [email protected]'localhost' identified by 'password'; grant all privileges on zabbix.* to [email protected]'%' identified by 'password'; flush privileges; \q

作成したデータベースに初期データを追加します


zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql  zabbix

Zabbixサーバーの設定を変更します


vim/etc/zabbix/zabbix_server.conf DBPassword=password

Apache2のタイムゾーンの設定を変更します


vim /etc/zabbix/apache.conf php_value date.timezone Asia/Tokyo

それぞれのサービスを再起動します


systemctl restart zabbix-server zabbix-agent apache2 systemctl enable zabbix-server zabbix-agent apache2

http://インストールしたサーバーのIP/zabbix

より設定を行います(ウイザードに進むのでココでは省略

環境によりポート10051を開放します


ufw allow 10051

監視対象を追加

監視対象側

AgentをインストールするとOSなどの情報も取得できるようになります


apt update apt upgrade -y wget https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_4.0-2+bionic_all.deb dpkg -i zabbix-release_4.0-2+bionic_all.deb apt update apt -y install zabbix-agent

Agentの設定を変更します


vim /etc/zabbix/zabbix_agented.conf

Server=ZabbixサーバーのIPアドレス ServerActive=ZabbixサーバーのIPアドレス Hostname=監視対象のホスト名

ちなみにこのHostNameですが、Zabbixサーバーの設定上のホスト名になります

また、Server及びServerActiveですが、場合によってはドメイン名ではうまくいかない場合があるのでIPv4、IPv6アドレスにするといいかもしれません(Zabbix agent on {HOST.NAME} is unreachable for 5 minutes)

サービスを再起動して反映します


systemctl restart zabbix-agent systemctl enable zabbix-agent

環境によりポート10050を開放します


ufw allow 10050

Zabbixサーバー側

設定→ホスト→ホストの作成より追加します

ホスト名: ZabbixAgentに設定したホスト名

グループ:何かしらのグループ

エージェントのインタフェース:IPアドレスかDNS名

テンプレートタブを開き

選択より

グループをTemplates/Operating systemsを選択し、対象のOSにあったテンプレートを選択します

今回、対象はUbuntuなのでTemplate OS Linuxを選択

この状態で新規テンプレートをリンクの追加をクリックします(一番下の追加ではありません)

この状態で一番下の追加を押します

これで追加できました

コメント