Zabbixの日本語化とフォント変更

サーバー
この記事は約3分で読めます。

前回、インストールを行いました

複数のサーバーをZabbixで管理する
複数のVPSを持ち、様々なサービスを動かしてきましたが、そろそろ頭の中だけの管理では限界Zabbixで死活管理をしてみました

途中の画像でさらっと日本語化をしてたので日本語化を行います

日本語化

インストール時、OSで日本語が選択できない状態では設定でも選択ができません

なのでUbuntuの日本語化を行います


apt -y install language-pack-ja-base language-pack-ja ibus-mozc localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja" source /etc/default/locale systemctl restart zabbix-server apache2

echo $LANG

と実行して


ja_JP.UTF-8

と出てくればZabbixサーバーの言語選択より選択できます

フォント変更

日本語化を行うとグラフなどが文字化けして□だらけになります

デフォルトフォントが日本語に対応してないためです

IPAフォントを使われることが多いようですがここではSource Han Code JPを使ってみました

Source Han Code JPとは

開発等に向いた日本語対応のフォントです

adobe-fonts/source-han-code-jp
Source Han Code JP | 源ノ角ゴシック Code. Contribute to adobe-fonts/source-han-code-jp development by creating an account on GitHub.

よりDLできます


wget https://github.com/adobe-fonts/source-han-code-jp/archive/2.011R.zip apt install unzip unzip 2.011R.zip cd source-han-code-jp-2.011R/ cp OTF/SourceHanCodeJP-Normal.otf /usr/share/fonts/ ls /usr/share/fonts/ ls -l /etc/alternatives/zabbix-frontend-font rm /etc/alternatives/zabbix-frontend-font ln -s /usr/share/fonts/SourceHanCodeJP-Normal.otf /etc/alternatives/zabbix-frontend-font

ダウンロードして、展開(unzip)、ノーマルフォーンとをコピーしてZabbixのフォントとしてリンクしている/etc/alternatives/zabbix-frontend-fontをSourceHanCodeJPに変更しています

監視データ→グラフより

ちゃんと反映できていますね

 

コメント