gccとg++

プログラミング言語でCとC++があります。

C++はCをもとに作られた言語で、Minecraft Windows 10 EditionはC++で作られています(謎知識)

C,C++でプログラミングを行うとき、Visual Studioを使われることが多いのですが、こいつ結構厄介なところがあって、必要なライブラリを読み込んでいないのに勝手に読み込んでしまうのです。

マイクラでいえば作業台を作りたいのにインベントリに原木を持っている状態でクラフトが完了してしまう感じです(必要な作業が抜けているってこと)

これで困るのが、検定や大会で審査するときにVisual Studioを使っていないところです。実際にはgccというものを使います。これと同等なものがVisual Studioに入っているのですが、gccはVisual Studioほど甘くはありません。(頭が固いのほうがあってるかな) 足りなければここでエラーした、終わりって感じです。なので提出が一度しか行えない検定ではめちゃくちゃ不利になってしまうことになります。

では解決策はあるでしょうか、もちろんあります。

Visual Studioだけでテストや検証を行うのではなく、gccもやればいいのです。どうやっていれるかはまた今度にしますが。一個だけ注意点があります。(やっと本題に入れるよ..)

それは、gccはCを扱うことができます。では、私の主力武器C++(いや、そんな主力じゃないな..)はといいますと、オプションを追加する必要があります。ここら辺で載っていましたが、オプションなしでやる方法もありますw それがg++です。

(ソースコードをcode.c,code.cppとすると)
コマンドで

gcc ./code.c -o out.exe

とやればCのプログラムが出来上がります

g++ ./code.cpp -o out.exe

とすると、C++のプログラムができます。

ただ、うちの学校g++入ってないんだよねぇ…w
g++の便利さがあるけど、しょうがないのでオプション付けます ><

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください