Mac OSとWindowsの間を使いやすくする

インストールをしましたがWindowsで作ったファイルをMacに転送したいなどの時のためにMacOSをVMwareに対応させます

Mac OSをインストール!

 

VMwareにインストールしただけじゃ使い勝手が悪い

 

そのままではドラックして転送ができません。なのでVMwareのToolをMac OSに入れます。

必要なものはUnlocker 2.0.8です

27a6249beda02a47f5b540979c7899f2
Mac OSをVMwareにインストールするために使いましたが、その中にtoolsというフォルダがあり、darwin.isoというファイルがあります。

まず、Mac OSをインストールしたときのディスクが入れっぱなしなので取り外します。

976d8e99161d890a4f1568e87f58ef4d
デスクトップ上のMac OS X Install DVDを右クリックして”Mac OS X Install DVD”を取り外すをクリック

0acd060819a09c782f22e4b5d28a1592
デスクトップから消えて、仮想マシンのディスクが薄くなります

66405ae89c9c17720d4d61ca74089d11
このアイコンを右クリック、設定をクリックします

65c5ff7d09b2204969cbef6c9b76b4a3
そうすると、仮想マシンの設定が出てくるので、ISOイメージ・・・のファイルをUnlockerのファイルに変更します。OKをクリックして閉じます。

ebec61856f9e4cedae465d7d652d86a1
もう一回アイコンを右クリックして、接続をクリック

a302f8f825cd1518ca89f7c3be94d72d
自動で読み込まれるのでVMware Toolsのインストールをダブルクリックします。

6cb2c5e539b8d51cbe99b76e3c6d1db96953992978eb945ec71f090baa6fa579 8cd9fcdb75f234c224c28b5bb8612f07
あとはウィザードに従ってインストールするだけです。

8dd59b8697889cfdada66a0951d22798
再起動してくれと出るので再起動します。

再起動が完了したらドラックして転送ができるようになります。


キーボードを日本語(JIS)配列に対応させる

先に仮想マシンをシャットダウンします。

仮想マシンのデータがフォルダを開き、.vmxファイルテキストエディタなどで開きます。

8909317d35a1f4dcff4f6659d607759c

以下の3行を追記して保存します。

keyboard.vusb.enable = "TRUE"
keyboard.vusb.idVendor = "0x0000"
keyboard.vusb.idProduct = "0x0000"

5a54b7b76c5cf3aca3cf43dc5c4c2406

起動すると識別できないキーボードと出るので、ウィザードに従って識別します。

4fea052db76a46abd758d2653f7ab42393ee5e9d76235ee3f60ea268c67b14bc


Mac OSからでも認識できる共有フォルダを作る

ドラックで双方で転送できるようになりましたが、何かと共有フォルダがあれば便利な時もあります。

まず、仮想マシンをシャットダウンします。

9eec422e9f29899cea5d7baccfb576a3
VMwareを起動して、仮想マシンの設定の編集をクリック

e0b7948c4067c3feaaea4a36bbb9bf75
仮想マシン設定のオプションタブを開きます

309b6ee5458d44b2a38c83499e444461
共有フォルダの項目を常に有効に変更して、追加から共有フォルダにするフォルダを選択、追加します。

そして仮想マシンを起動します。

Mac本体が無くてもWindowsだけでOS Xをインストールする方法

の最後のほうにある「Snow_VM_Files.zip」をダウンロードして先ほど共有フォルダに指定したフォルダに追加しておきます。

2676f91933e0a641e02a4177e8c439b5
起動したしても共有フォルダが追加されていませんので、Dockのアプリケーション→ユーティリティ→ターミナルを開きます。

以下の文をコピーして貼り付けてエンターを押してください。

ln -s /Volumes/VMware\ Shared\ Folders ~/Desktop

ce7b64ed1d0582dc47c58bb06d960b54
デスクトップにVMware Shared Foldersが追加されています。

VMware Shard Foldersを開き、ダウンロードしたzipファイルをデスクトップへコピーダブルクリックするとファイルが解凍されます。

解凍されたSnow_VM_Files→Snow_VM_Filesにあるファイル2つをデスクトップにコピー

Snow_VM_Files.zipとSnow_VM_Filesフォルダは消してしまっても構いません

コピーしたVMLinkはダブルクリックすると先ほどコンソールで行ったことを自動でやってくれます。

e4f718a8843c614ab0bcd204f76a2180
もう一つのファイルはサウンドデバイスを認識させるツールです。実行して、先ほどのVMwareToolのようにインストールして再起動すると音が出るようになります。

以上である程度使うために必要な作業が終わりました。

参考にした

Mac本体が無くてもWindowsだけでOS Xをインストールする方法

にある内容がほとんどでしたがついでにアップグレードして最新に近づけます!

書きたいところですが、書いているときりがないので参考のサイトをもとにやってみてください。

順序としては

Mac OS 10.6.3インストール

アップデート(10.6.3→10.6.8)

AppStoreの購入済み(要サインイン)からMac OS  Mavericksをダウンロード

Mac OS Mavericksインストール

続く

な感じでしょうか。

私はWindows上のVMwareでOS X 10.9.2 Mavericksをインストールする方法にあるような方法を試してみたいと思います。

AppStoreからダウンロードするとき、貧弱WiFiだと接続が切れてしまって、ダウンロード失敗してしまいます。安定したインターネットを使うようにしてください。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください