Surface Goが故障したので交換修理

PC
この記事は約3分で読めます。

ある日、それは起きた…

ここんところ入力できない/(^o^)\

Surface Goの故障

俗に言うタッチ切れですね

タスクバーの少し上のあたりがタッチパネルやペンの一切入力ができません

このエリアにペンを乗せると、カーソールがめちゃくちゃ荒ぶります…

で、この荒ぶりなんですがタスクバー上でも起きてるんですよね

Surface Proを持つ友人に確認したところそのような挙動はしないと

どうやらペンを持った頃から不調だったようです…

交換修理

このSurfaceGoですが、購入してからそこまで経っておらず本体についている製造元保証を使えました

このSurfaceシリーズは多くが交換対応とのこと

デバイス サービスと交換よりフォームに従って入力していくと修理依頼が行えます

注意点として、最後に持ち込みするか、日本郵便に集荷してもらうかと項目がありますが、集荷する場合は最終的に自分でやらないといけないようです。

てっきり集荷を選んだので集荷依頼もしてくれると思ってましたが…(1日無駄にしました

集荷

手持ちのダンボールにSurfaceをしっかり固定して荷造りします

梱包の指示がやたらと細かいところから、輸送時の破損があった場合有償になるのかな…

特に追加資料を同封する等はなく、本体のみを梱包します

不安だったので、プチプチにこれでもかと包み、PC電源の梱包に使われたエアークッションをAmazonの箱に入れました

梱包指示の画像に、ACアダプタやタイプカバーといった付属品やオプションは含めないでください(最悪戻ってきません)

この修理依頼を出してからどれぐらいかかるか調べたとき、かなり前はアメリカまで発送していたとかありましたが、現在は東京のサポートセンターで対応しているようです

おかげで4日ほどで帰ってきました

料金は?

保証期間内で液晶が割れるといった物損ではないならば基本無料で交換してくれるとのこと

では、液晶が割れた等起きた場合はどうか試しに見積もりして見たところ

3万

また、調べたところによるとSurfaceシリーズのパーツ交換(iPhoneの画面交換のようなもの)修理はMicrosoftでは行っておらず(すべて同等品交換対応)、非公式修理店でも同額やそれ以上の金額での対応とのこと…

非公式修理店で高くなってしまうのは修理難易度がかなり高いからのようです(Surface Goなんて隙間が殆どないからね)

交換後

特に柄などないかなり殺風景な箱に入れられて交換されたSurfaceGoが来ました

交換されたSurfaceGoは再利用品、要するにリサイクル品です。

軽く見て見たところ、電源ボタン近くの角がこすったような跡がありましたが、この程度なら特に気になりませんね

中身も新品状態でWindows 10 Home Sでした(認証サーバーにつながらなくて認証できてませんが)

一通りセットアップを済ませてoneNoteで試してみたところ…

しっかり全範囲で使えてます!


なんとかほぼ新品状態で帰ってきて良かったです

交換に出す前の状態は少々不安定なところもありましたので、ある意味いい機会だったかもしれません

参考

Surface を修理に出す方法
Microsoft Surface の修理のプロセスと、Surface の修理が必要な場合にオンラインで修理を依頼する方法について説明しています。

コメント