光BBユニットを取り付けたら速度UP![SoftBank光]

ようやく光回線を取り付けましたが、ルーターはいつぞやのジャンク品

ジャンク品以前にすでに販売終了品で、メインとして使うには危なっかしいので変えますよ

さらに、SoftBank光はこのルーターでは高速通信と歌ってる IPv6 IPoEは使えないです

なので設置しましたよー

そもそもBBユニットって何?

SoftBank光でレンタルしてるホームゲートウェイです

現在はVer 2.3/2.2と選択ができるようです

私は Ver 2.3を選びました

NTT回線を使用してる方は背が高い黒いユニットがあると思いますがあれの上部とほぼ同等です

オプション契約により追加でWiFi、ひかり電話等が使えるようになります

ひかり電話は契約しなければ使えませんが、WiFiに関しては他の無線ルーター、無線親機を用意すればいいので正直いりませんが…

ちなみにレンタルなのでひと月あたり467円です(WiFi、ひかり電話は更に+)

内容物

本体、説明書、各種ケーブル、ACアダプタ

ケーブルはLANケーブルが二本(サイズ違い)、モジュラーケーブルが二本です

わかりやすいように本体とケーブルのコネクタに色分けされています

LANケーブルにはCat表記がないのですがCat5eかな?

接続

前回と同様に接続します

ONUからBBユニットの灰色ポート、PCを青色のポートへ

ちょっと困ったのは私の使ってるニトリの机のパイプと上から3番目のLANポートが位置的に干渉してしまってるところですかね…

設定とか

恐ろしいことにインターネット接続関係の設定は要りません

すでにBBユニット側に認証情報などは書き込まれています

BBユニットが勝手にネットワークで接続し、IPoE認証してくれます

逆に認証設定等を間にあるルーター等にしておくとPPPoE接続になり恩恵が受けられないとのこと…(NTT回線の乗り換え等

ただ、接続するだけなら設定入りませんが、最速値を出すにはまだ設定が必要です

現時点での速度を出すと….

お昼時点での速度測定

確かに速度は上がっていますね

ただ、一つ問題がありましてIPv4接続だけです

BBユニットまではIPv6で出来ているようですがPCはIPv6接続になっていませんのでフルで使えてません

IPv6の設定

デフォルトでは有効になっていますが、使えてません(正直謎

まずコントロールパネルを開きます

ユーザー名/パスワードを聞かれたらuser/user

SoftBank Airと似てますね….

IPv6の設定を開きます

LANポート別IPv6設定をすべてフレッツv6サービスからIPv6インターネットに変更します

設定を保存して再起動すればPCからもIPv6接続できるようになります

再計測した所ダウンロード、アップロードともに上昇しました!

なんでデフォルトで無効になってるんですかねコレ….

その他の設定とか

SoftBankAirのような何故かローカルネットワークのIPが192.168.0.xが使えないとかはありませんでした

残念な所

設定有効化は再起動

各項目を設定後、反映させるには再起動が必須になっています

BUFFALOのルーターは各項目ごと(おそらくサービスが再起動)なので少々めんどかったり

起動からインターネット接続までが遅い

起動して、インターネットに接続するまでに2,3分かかります

おそらくIPoE認証のほうが少々時間がかかってるのもありますがインターネットに接続抜きでも遅め

ちょっくら再起動してくるわーって感じに行けないんですよね

使えない機能が多すぎる

オプション系が無駄に付いてます

Wifiやひかり電話はまだいいのですが地デジチューナやら何やらてんこ盛り

おそらく一般家庭向けなのでつなげれば使える、契約すれば使えるレベルまで落とした結果でしょう

私的には、存在するのに使えないとかはあまりいい思いはしませんね

説明書が簡易すぎる

接続方法はご親切に絵で解説されていますが、このルーターに関する說明がかなり簡易的

ランプやボタンの說明のページです

警告ランプの項目を見ると

  • 消灯:正常
  • 赤点灯:異常
  • 赤点滅:異常

赤点滅と点灯の差ってなんですかね…

その他にもステータスやUSBは消灯に関する項目がありません

契約してないなら消灯はわからないことはないですがコレはちょっと雑すぎかなと

また、BBユニットの詳細な情報(消費電力、LANポートの転送可能種類等々)が書かれてません

調べてもでてきませんし一体こいつは何なんでしょうね

そして最終構成

前回使用したルータは無線機能をメインで使うようにしました(今持ってる無線親機としては上のほうなので)

一般的にはBUFFALOのルーターはルーターモードをオフにしてアクセスポイントにすればWiFiも使えるようになります

今回は検証がてらルーターモードのままで使ってますが

参考:

IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4 – SoftBank

ipv6 test

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください