RTCモジュールが届いたので使ってみる[Aliexpress,Arduino,RTC,EEPROM]

Aliexpressで頼んでおいたRTCモジュールが届きました

これである程度正確な時刻を刻めるようになります

RTC

リアルタイムクロックの略

簡単に行ったらデジタル時計(表示部ではない)のような感じで、電源がある限り時を刻み続ける


タイトルの後ろのタグになんでEEPROM入ってるんだって思うかもしれないけど今回買ったRTCモジュールは幾つかの機能を積み込んだモジュールでEEPROMもついてきます!

内蔵機能

  • DS1307 RTCモジュール
  • AT24C32 EEPROM

また、トランジスタのような印刷がある空き端子はDS180B20という温度センサを取り付けることができます

あとは本来ならLIR2032という充電池があるはずですが、今回の店では別売でした(安さで選んだからそこらへん見てなかった)

LIR2032はAmazonでみたら結構高いのでもしRTCモジュールを買うときは一緒に売られているものを選んだほうが楽かもしれません


使ってみる

接続

I2C接続ですが左右に端子があります

実際どちらもつながっているようなので片方につなげれば良いようです

Arduino UNO  のアナログ端子4,5がSDA,SCLに対応していると初めて知りました…

スケッチ

ライブラリがあるのでこれを使います

Elecrow.com RTC

インポートできれば使えるようになります

サンプルプログラムがあるのでこれを焼きました

仕組みとしてはコンパイル時の時間をRTCの基準時間として、電源がある限り動くようになっているようです

コンパイル時の時間なので転送までの時間分ずれてしまうのが問題でしょうか

また、今回は電池もないので少しでも電源が落ちるとArduinoを再起動するまでおかしな値になります


ちなみに58円でした

追加で電池を買わないと…

参考:

RTC (リアルタイムクロック) (DS1307)

Tiny RTC – ELECROW

TinyRTC Module – fritzing

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

コメントする