MCSkinVersionChangerをアップデート、しかし…

MCSkinVersionChangerをリソースパックとしてダウンロードできるようにしたり、多少ながら動作がわかるようにしました。

ただ、当初の目的を忘れてることにも同時に気づきました。

アップデートその1

スキンのデータを取得したときに、「○○のスキンを取得しました。」と出るようにしました。

取得できているのか分かりづらかったため付けたのですが、同じIDを連続してやった場合は、あまり変わらないかもしれませんが….

アップデートその2

zip圧縮されたリソースパックとしてダウンロードできるようになりました。

先に取得しておく必要があります。


リソースパックとしてできたが….

作っている最中はどのように適応されるのかを気にしていませんでしたが、実はプレイヤーのスキンだけは仕様が違うようです

MOBはローカルのスキン(リソースパック)を使用するため、上書きができます。

ですが、プレイヤーはオンライン上のスキンがあるため、起動後数秒以内にダウンロードされ、リソースパックの上に適応されます。要するにインターネットに繋げていると、意味がないということです。

当初の目的

はじめは、オフラインでもスキンを変えたいためやっていました。

今は…ちょっと違いますね…

正しい使い方

オフラインでもスキンを適用する事ができる

今後、機会があればMODでも作ろうかなとか考えてます(せっかく作ったのに、意味ないとかもったいないし)

オフラインで使用するためだったらAlexスキンでもできるようにもしたいです

MCSkinVersionChanger

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

コメントする