IPアドレスを追加する[CloudAtCost,CentOS]

CloudAtCostでは購入したリソースにはIPアドレスが2つもあります!

つも!


1つは使っていますが、リソース(CPUやメモリなど)が余っていないのでメインのサーバーに割り当てます

コンパネのModify→IPv4 Addressesを開き、

Add IPで追加できます(画像は追加後のものです)

途中なんか出てきますが、雑訳すると

「IPアドレスを追加しますか?追加したIPアドレスは自分でサーバーに設定してね」

なので追加されたIPアドレスは自分で設定する必要があります

一応貰えたIPアドレスは64.137.223.xのものでした

削除はRemoveボタンから出来るようですね


サーバーに追加する

時間が経てば使えるようになりますが、サーバーに設定しないと繋がりません

コマンドラインでも出来ますが、気分的にGUI出やります(デスクトップではありません)

コマンドラインで

nmtui-edit

と、打ち込み実行すると

崩れてしまっていますが、ネットワーク設定が開けます(システムを日本語でやっているので日本語で表示されています)

Tabなどを使って編集を開きます

出てきた画面のアドレスのところに追加とあるのでカーソルを移動させて、スペースを押すと更に入力欄が出てきますので

一つ上の欄のようにIPアドレスとプレフィックス(サブネットマスク)を入力します

64.137.223.x/24

な感じで

OKの位置までカーソルを移動してエンターなりスペースなりを押すと先程の画面に戻るので終了させてください

サービスかサーバーを再起動させて反映します

ip a

と打ち込むと元々割り当てられているIPアドレスと、今回追加されたIPアドレスが表示されればOKです!

ウェブサーバーなどを入れて、どちらのIPアドレスからも同じように表示されれば完了です


試しにwget でアクセスしたところ、元々あるIPアドレスで接続されました

DNSの設定が出来ないのでIPアドレスの逆引きドメインが自分の指定したものにならないようです(cloudatcost.comのサブドメインが設定されているけど紐付いていない)

そこら辺が不便かな(DNSサーバ立てたとしてもネームサーバーの設定できないから無理だね

参考:

<

p class=”post-title entry-title”>CentOS 7(RHEL7) でIPエイリアスの操作 – Linuxねた帳

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

コメントする