Azureを使ってみた

前ノリでMicrosoft Imagineアカウントを作成して無料で使えるサービスにAzureがあったので使ってみました

Microsoft Imagine

学生向けのプログラミングやサーバー構築などのITスキルの学習を目的とした無料プログラム?

学生で、ITスキルを学習したい人に無償で一部のサービスを利用できるようになる

Microsoft Imagine

そのサービスにAzureの一部を無料で使えるよって話

(Windows Serverなど色々ありますが)


申し込むなら

一応学生であることを証明しなければならない

  • 学校の電子メールアドレス
  • シボレスの学校用ログイン情報
  • 国際学生証(ISIC)
  • Microsoft Imagine認証コード
  • 在籍証明ドキュメント

のいずれかを使って認証する必要がある

正直、電子メールとシボレスは大学とかそのレベル

国際学生証はお金を払う必要があるし、学生の間のみ有効、発行に時間が掛かる

Imagine認証コードは学校が買った有料版から発行されるらしい

残るは在籍証明ドキュメント、学校で発行された学生証(顔写真付き)の画像をアップロードしたら数日で認証された

中高生にとって在籍証明ドキュメントしか無いじゃん…


Azure

AmazonがAWSといったらMicrosoftはAzureです(雑

要はクラウドサービスです

通常はAWSと同じようにお金を支払う必要がありますが、Imagineアカウントを持つとAzureを無料で一部の機能が使えます

まぁほんと一部で

  • Web Apps(今回はコレを使う)
  • MySQL DB
  • VSO
  • Application Insights

のみです

今回は昨日作ったHTMLをBitbucketのプロジェクトにプッシュし、それを展開してみました

一応PHPやASP.NET、JAVA、Node.js、Pythonが使えるようです

使ってみて

サブドメインが割り当てられるのですが、DNS浸透が気持ち遅いような気がします

アクセスもデフォルトサーバーの場所が米国中等部なのでそこまで速いとも言い切れません(初期設定で日本にすることも出来ます。日本なら若干速いと思う)

ただ、ウイザードに沿ってやるだけで意外にいけます

後はサーバーがIISになるところかな


IISサーバーを試してみたいとかとにかく無料かつ安定したサーバーならいいかも(学生限定だけど)

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

コメントする