VMware上のCentOSと共有フォルダ[CentOS,VMware]

VMwareでゲストOSにCentOS7を使用してVMwareの機能にある共有フォルダを作成してハマりました

CentOSを簡易インストールでインストールして、VMtoolsも入れたのになぜか共有フォルダができませんでした

原因はどうもopen-vm-toolsという物がありますがそれに共有フォルダのマウント機能が無いのでインストールします

参考通りにやったところできました~

インストール

必要なものをインストールします(以下全部root権限)

yum -y install kernel-headers-$(uname -r) gcc

そこから必要なファイルを持ってくる

mkdir -p /usr/src/linux-headers-$(uname -r)/include/linux/
ln -s /usr/src/linux-headers-$(uname -r)/include/generated/uapi/linux/version.h \
/usr/src/linux-headers-$(uname -r)/include/linux/version.h

VMwareのPlayer→管理→VMware~をクリックしてVMwaretoolsをマウントします。(ココらへんはGUI)

マウントした仮想ディスクのVMwareTools-x.x.x-XXX.tar.gzをデスクトップ等にコピーして展開します(ここもGUI)

展開したら(ターミナルで)移動して以下のコマンドを実行します

./vmware-install.pl --clobber-kernel-modules=vmhgfs --default

できたらVMwareのPlayer→管理→仮想マシン設定を開き

オプションタブの共有フォルダを常に有効にしてフォルダを追加します

フォルダの追加はウイザードに従って進めれば登録できます

ゲストOSから

/mnt/hgfs/追加したフォルダ

にてアクセスできます~


仮想ディスクだと一度容量が上がると戻すのが大変で、一時的に大きなファイルを用意するだけなら共通したディレクトリとして使える共有フォルダは便利です~

参考:

CentOS7 は最初から open-vm-tools が入っているけど vmhgfs が無いので入れよう – …pudding – diary

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

コメントする