C#でTwitterAPIを触るために「CoreTweet」ライブラリを使う

いつも使ってる自作クライアントが物足りなくて、改良したいけどどうもうまくいかないのでC#でやってみることにしました

なぜC#?

ノリです

GUIはC#かなと勝手に位置付けしたからじゃないんですかねw

使い方

Visual Studio 2015でやっています

ツール→NuGetパッケージマネージャーを開きます
(拡張機能と更新プログラムじゃありません、間違えてめっちゃ詰んでました←)

検索窓に「coretweet」と入力すると検索され上の画像のように出てきます

上の画像で一番上の「CoreTweet」を選択します

選択すると右側にどのプロジェクトにインストールするか出るので該当プロジェクトを選択(左チェックボックスをオンに)してインストールをします

現時点のバージョンは0.7.2.352のようですね

とりまコレで扱えるようになりました


今までずっと拡張機能と更新プログラムから出てくるウィンドウだと思いこんでましたww

これでずっとCoreTweetがなくてできなかったC#でのツイッタークライアントが開発できそうです

コメントする