ESP8266 互換機を使ってみる

商品の名前では

NEW NodeMcu Lua ESP8266 CH340G ESP-12E

とありましたが、実際には

NodeMcu LoLin ESP8266 

でした(色々省略)

まぁ予想道理のパチモノで色んな所であまりよろしくないものらしいです


まぁ繋げてみる

microUSBで繋げます

差し込んだ瞬間一瞬モジュールのLEDが光るぐらいしか無くてよくわかりにくです

ぱっとしないやつだなぁ. . .

シリアル接続してみる

まずはArduino IDE上のシリアルモニタから確認してみます

シリアルポートとを指定すればとにかくつながります

デフォルトの9600bpsで繋げると

文字化けってるので速度が正しくないのかな

速度変更してボード上のリセットボタンを押して色々試行錯誤してみたけど1番情報量が多いのは74880bpsですが最後のほうが文字化けってます

115200bpsは初めのほうが文字化けして、readyぐらいは出ます

もしかしてボード上のUSB-シリアル変換器の速度と、モジュールの速度が違う?(なわけ

でもこのままじゃ読めないんだよなぁ. . .

AT[RST]

とコマンドを打つと

OK

と返ってくるようですが無反応だったり文字化けして返してきてるのかよくわからなかったり. . .


あとWiFiAPが現れる

現れたのはいいけどパスワードもかかってないのね

繋げても特に変化がない(よく分かっていない)


Arduino IDEに追加する

Arduino IDEに追加してみればなんかなりそう(ヤケクソ)

ファイル→環境設定→追加のボードマネージャのURLに

http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json

を追加

ツール→ボード→ボードマネージャーでボードマネージャーを開く

検索欄に「esp8266」と打ち込み検索

出てきたやつをインストール

これで準備は完了

ファイル→スケッチの例→Basics→Blink

を開いて書き込んで、D0とGNDにLEDをつけたら点滅してくれた

んんん. . . .よくわからないやつだ


源氏パイ美味しかったのでいいとしm…しちゃだめだねw


まとめ

書き込みはすんなり行くけど、シリアル通信の速度がイマイチよくわからない

意外に情報が少ない

Lチカはできた

リセット直後の文字は何だろ. . . .

コメントする