Buffalo WZR-300HPとシリアル通信

前々からやりたいと思っていたルータとのお話をしてみました


やり方

保証が効かなくなります(WZR-300HPは生産終了してますが)

ルータの蓋を外します

トルクスネジx4つですが、1つミスって頭を潰してしまいました。

ですが、問題の基盤上のシリアルポートに触れる用になったのでコレでいいとしましょう

基板上の4つ並んだところがシリアルポートです

上の画像で、左からVCC(3.3V),GND,RX,TXです

なので前から使ってるUSB-シリアルでつなげます

はんだ付けすることが難しい状態なのでピンを差し込んで軽く倒し接触させます

WZR-300HPPC
VCC無接続
GNDGND
RXTX
TXRX

注意する点はVCCが3.3Vと、RX,TXを入れ替えて接続します

RX,TXはそれぞれ受信専用、送信専用なのでそれぞれを入れ替える必要があります。

VCCはUSB-シリアル側は3.3Vにしていますが、よく壊す原因(接続先の機器の電圧が違う場合)なのであえて接続しませんでした。

私はPoderosaという(ほぼTera Termと一緒の)ものを使っています

ボーレート115200
データ8bit
パリティなし
ストップビット1bit
遅延0

こんな設定でアクセスすると. . . .

 

いい感じですね


いろいろ調べてる間、デバッグモードなるものがあり、アクセスすればtelnetで接続できるようになるとありました。

ただ、私の場合アクセスができなかったんですよね. . .

シリアル接続側で

telnetd

と打つとtelnetで接続出来るようになりました。

同じだからいいか


カスタムROMならぬカスタムファームウェアが存在しますが、ちょっと厄介(ファイルサイズ的に)なので少しお預けです(やってみたいけどね)

とりま、やりたいことができたのでいいとしましょう

参考:

文鎮化したWZR-300HPの復活2<ファームウェアの書換え> – 45歳からの生活革命

Buffaloルータのデバッグモード – DD-WRTまとめwiki

<

p class=”post-title entry-title”>Buffalo WZR-300HP に DD-WRT インストール – IT とかその他もろもろ

コメントする