百均パーツといくつかで3V電源を作る

照明用に電源が必要なので作りたいと思います

とにかくLEDを光らせる程度、耐久は求めません。

まぁそのうちArduinoで何か作るので、そこから電源を拾うまで程度に考えています。

安いものなら正直何でもいいですが、あるもので作ります。

LEDは3V駆動なので、5V出力のシガーチャージャーの電圧を変更します。


材料

  • シガーチャージャー
  • DCジャック
  • 抵抗
  • メモ用紙
  • 両面テープ
  • 線材

 

シガーチャージャー

ダイソーにあったもの

12Vから5V 1A出力できるものです。(実際に出力してるか知らないけど)

DCジャック

手持ちにありました。特に必要性はありませんが、ノリでw

抵抗

シガーチャージャーの出力電圧を変更します。

Amazonで買ったものを使いました。

メモ用紙

DCジャックを入れると基盤がはみ出すため、埋めるため貼り付けます。

両面テープ

メモ用紙を止めるために使います。

線材

照明のときと同じように、ポリウレタン線を使います。


作るぞー

スイッチングレギュレータを使った可変安定化電源 – 『昼夜逆転』工作室

を参考にしました。

百均のシガーチャージャーを使ってできるとは思ってなかったですw

このサイト上では可変抵抗を使っていますが、3Vだけ欲しかったのと、誤って別の抵抗を取って失くしてしまったので抵抗を計3つ使っています。

 

ところでこのままじゃ入らないですね…w

 

あの手この手をつかって入れました。(写真撮ってなかった(ち´・ω・`)ぇ)

 

なんとかできました(ち>ω<ぇ)ガンバッタ


試しに使ってみる

あれ流れてないΣ(゚Д゚)

 

と思ったら、LEDの+-を間違えていましたw


抵抗値を変えるだけで電圧を変更できる上に百円なシガーチャージャー、便利ですね~

ちなみに、今回使ったシガーチャージャーに使われていたICにMC34063 が入っていました。

基盤上の抵抗値の比率で出力電圧を変えることができます。ベンリヤー

今回使ったものがちょうど抵抗値が同じで、1.2kΩ(R1)と3.6kΩ(R2)があり

Vout = 1.25 * ( 1 + R2 / R1 )

で求まります。

で、出力予定電圧は3V

R1の抵抗値は変更しなかったので、

3V = 1.25 * (1 + X / 1200 )

 

3V – 1.25 = 1.25 * X / 1200

1.75 * 1200 = 2100

約2100Ωか、かなり適当に計算しています。あってるのかな?(オィ

Amazonで購入した物ですが、ピッタシのものがありません。

実はコレを計算したとき、AM4時だったのでカンでそんぐらいになるようにしました。(もはや適当


 

朝になって接続しました。

ですが、何回か失敗を繰り返したのでパターンが剥離してしまって大変でしたが、色々バイパスしてできました。

ケースの方ですが、元のシガーチャージャーの先っちょをDCジャックが入るサイズになるまでカッターで削り、基盤を入れてメモ用紙で絶縁をしながらカバーをした感じです。

パテとかあったらもっときれいになったかもしれませんねw

コレで、5~12Vin – 3V電源ができましたヤッタネ

まぁできて良かったですw(できればいいのだ

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

「百均パーツといくつかで3V電源を作る」への1件のフィードバック

コメントする