赤外線センサを使ってリモコンを受信してみる

以前購入した赤外線センサ

を使ってリモコンの信号を受信してみます。

第23回 Arduinoでパーツやセンサーを使ってみよう~赤外線リモコン(前編)

を参考にやってみますが、コンパイルエラーが出てしまいます…

原因はArduino(ソフト)のバージョンが1.6.9でした。

現在は1.6.12が出ているのでDLしてインストールします。

Arduinoのバージョンを1.6.12にしたところ簡単にコンパイルできました。

dsc_0216 dsc_0215

 接続はこんな感じ(不必要なパーツがあってすいません)

赤外線センサTL1838の配線は受信部を手前にして

左: DATA
中: GND
右: Vcc

なので

Arduinoにつなげる時は

左: 11pin
中: GND
右: 5V

につなげます。

そしてPCとArduinoをUSB接続し、書き込みます。

そしてシリアルモニタで確認しながらリモコンから送信してみます。

 EBB8D38E
Unknown encoding: EBB8D38E (32 bits)
Raw (84): 3450 -1750 400 -450 400 -450 400 -1350 400 -1300 400 -450 400 -1350 400 -450 400 -450 400 -450 400 -1350 400 -450 400 -450 400 -1350 400 -450 400 -1300 400 -500 400 -1300 400 -450 400 -450 400 -1350 400 -450 400 -450 400 -450 450 -450 400 -1300 400 -450 400 -1350 400 -1300 400 -1350 400 -1300 400 -450 400 -500 400 -450 400 -450 400 -1300 400 -450 450 -1300 400 -1350 400 -450 400 -450 400 

とっても長い結果が出てきました。

Rawのデータをそのまま赤外線LEDに出力すれば信号になるとは限りませんが、赤外線LEDが現在ないのでできません….

<

p class=”article__title”>早く来ないかな

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

「赤外線センサを使ってリモコンを受信してみる」への2件のフィードバック

  1. 誤字だと思うのですが…

    なるとは「会議」りませんが

    なるとは「限」りませんが

コメントする