サブPC Debianサーバーとなる

少し前までCentOS7を入れていましたが、学校でDebianを使うのでOS入れ替えをしちゃいます。

でも時間をかけてCentOSを入れたのでもったいないのでHDDを入れ替え新しい(めっちゃ古い)HDDにDebianを入れました。

DVDに焼くのがめんどかったので(どっちもあんま川案ないけど)USBでインストールをしたのですが、インストール先の候補にインストールに使ったUSBメモリが入っていたり、いろいろめんどかったです。

あと、ローカル(ネットを使わない)インストールをしたかったのですが、一部ネット経由でファイルを取得する必要がありました。(イメージ間違えたのかな?)

他は通常のインストールと変わりません。(選択アプリケーションは標準からプリントサーバーを抜いたくらいかな)


インストールは終わった、ほかのソフトを入れようか

インストールしただけではただのDebianです(何じゃそれ)

Webサーバーにしたいので最低限Apacheなどを入れてあげます。

ただ、インストール時にネットワークインストールなんたらこうたらでいいえを選択してしまったので、CD入れろの一点張り….

なので以下の項目をコメントアウトしてやります。

(root)nano /etc/apt/source/list

ded cdrom:[Debian GNU/Linux 8.6.0 Jessie – Officiall~~~

#ded cdrom:[Debian GNU/Linux 8.6.0 Jessie – Officiall~~~

こうすることでCD(DVD)からのインストールが候補として外れます。

あと、海外のリポジトリにアクセスするとやたら重いので、日本のリポジトリを上部に追加しておきます。

ded http://cdn.debian.or.jp/debian/ stable main contrib non-free

保存したらインストールしましょう

パッケージうんぬんのコマンドは「aptitude」

Ubuntuでは「apt-get」,CentOSでは「yum」,Debianは「aptitude」

多いなぁ

調べたところ「aptitude」は「apt-get」をベースに作られているらしいです。

あと、Debianには「apt-get」も入っています。

とにかくWebサーバとその他を使いたいので

  • Apache2
  • php5
  • MariaDB

を入れます。(WordPressを動かすわけじゃないよ)

MariaDBはMySQLの派生版です。(MySQLも入りますよ)

インストールと言っても

aptitude install Apache2 php5 ~

な感じでインストールしてあげればいいので難しいことはないです。

そんなことを今日していました。

参考

Debian 8 Jessie : Server World

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

コメントする