ドメインキングに移動してミスったこと

移動完了して一安心してたら、意外とミスってましたテヘペロ

月額費用がとても安いドメインキングですが、ちょっと変わったところがあります。

よくあるのが、ファイル所有者が自分以外のものは編集できませんが、PHPで生成されたものもはApache権限となり、所有者が別人扱いになります。

WordPressを移動する際に、以前xDomainから家Tサーバー、家TサーバーからxDomainの時は、必要なファイルやデータをコピーして移動先で新たにWordPressを用意し、移動元のデータを上書きするスタイルでした。

ただ、結構めんどくさいのとファイルが多いので、今回はプラグインを使った移動を試してみました。(ま、これがあとあとへまるけどねw)

「Duplicator」というプラグインを使いました。

これは、WordPressのデータ全てを圧縮ファイルにして、圧縮ファイルを展開するPHPファイルも生成、これらを移動先にUPしてPHPを開けばインストールができてしまうというものです。

生成されるファイルは2個だけですので管理がめちゃくちゃ楽です。(説明が要らないぐらい楽)

ちょっと古いですが、ほかで解説しているので丸投げ紹介をしておくよ

プラグインでWordPressを楽々お引っ越し!duplicatorならサーバー移転も簡単。

ほぼ、このサイト通りにできたけどファイルをダウンロードするところでなぜか500エラーが出てしまいました > <

たぶん、本来ならアクセスしないフォルダなのでサーバー側からブロックされちゃったのかな

結局FTPを使って直接ダウンロードしました。

移動先のドメインキングに配置して、インストールを行いました。

ただ、ドメインキング上で先ほどのようにPHPで作成されたものはApacheが所有者となっていまい、ほとんどのフォルダが編集できませんでした。(完全に手が出せない状態)

これについて調べたところ、いくつか方法があるらしく、PHPでファイルの権限や所有者を変更してしまうというもの。ただ、どれも対策されているようで、できませんでした。

しょうがないので、サポートセンターに問い合わせをしたところ、権限を変更してもらえました^^;

コントロールパネルにつけてもらえないかと一緒に書き込んだのですが、どうも権限の変更は自分でできないようで、変更が必要になったら

  • ドメイン名
  • ディレクトリ名

を連絡すれば行ってもらえるようです。

コメントする